下一站,日本
圈子首页 主题

有图有真相!来点不一样的寿司文化?

发布于 2015-02-23 14:13
  • 500
  • 0
  • 3
海外に行けばその国独自の料理や文化があるのは当然の事。しかし、我々が住むこの小さな島国日本でも、地域ごとに様々な独自文化が発展し、それは他県民からみたら超新鮮な事なのです。その新鮮な感覚を写真で比較する事で、今まで「これが常識」!そう思っていた彼方の感覚は一変することでしょう。

去了国外,各国有自己特有的料理以及文化自然是理所当然的事儿。可我们住的这小小的岛国日本,各地域也发展了独特的自有文化,这对于其他县的人们来说是非常新鲜的。本次通过照片对比来诠释这种新鲜的感觉,也许以前那些让你觉得是基本常识的事儿,实际上并非如此哦。


「お寿司」といったら?

関東でお寿司と言ったらもちろん「握り寿司」!

在关东说到寿司当然是手握寿司!

「今日はお寿司よ~」と号令がかかったら、子供たちは大喜び!そこに手巻き寿司や箱寿司が出てきたら、軽めにテンションは下がる・・・。
それほど握り寿司の価値観は高く、特にマグロが大好物なのが関東人の特徴。今や街を走っていると、あちこちに回転すし屋を目にする事が出来、休日の回転すし屋には、どこにでもあるチェーン店舗のお店ですら、30分待ちなどの光景は珍しくない。関西人は白身の魚を好み、関東人は赤身の魚を好むと言う傾向は、ポン酢文化大阪に通ずる物がある。河豚やハモなどポン酢がベストマッチだからである。ちなみに日本一の河豚消費率は大阪がダントツでNO1なのである。

一听到说“今天吃寿司哟~”,孩子们就会超开心!这时候要是出来手卷寿司或者箱寿司的话,大家就会略失落了……
关东人对于手握寿司就是这么执着,尤其钟情于金枪鱼。现在行驶在路上,到处都能看到回转寿司店。休息日的话,那些哪都有的连锁寿司店,就餐需要等三十分钟什么的并不稀奇。关西人爱白肉鱼,关东人爱红肉鱼这种倾向,在代表橙醋文化的大阪得到了很好体现。因为河豚、海鳗什么的跟橙醋是绝妙搭配。顺便说下,作为河豚消费日本第一的大阪,消费率可是遥遥领先于其他地区的。  

注:(Wikipedia)食用フグの7割が京阪神地域で消費されており、特に大阪での消費量は全消費量の6割に達する。

大阪の寿司といったら「箱寿司、バッテラ、太巻き」など様々な物があります。 大坂で、魚を酢で混ぜたご飯にのせて、一口大の箱に押し入れて一晩くらい押して後食べるスタイルが生まれ、これが進化し「押しずし」「箱ずし」の原型となったようです。昔はお店で寿司を食べると言う習慣は無く持ち帰って食べると言うのが当たり前だったので、持ち運びや食べやすさを考えての形ではないでしょうか。このことを踏まえると大阪人はお寿司=箱寿司というイメージが定着しているようです。

说到大阪寿司的话,有“箱寿司、方形寿司、粗卷寿司”等各式各样的寿司。
以前大阪人吃寿司是把鱼铺在拌了醋的米饭上,压入一口大的匣子中放上一晚再吃的,据说这种习惯经过进化,成了后来的“模压寿司”“箱寿司”的原型。也许是因为古时没有在店里吃寿司的习惯,一般都是外带,所以人们才想出了这种方便带走及食用的形状。基于这个事实,大阪人逐渐形成了寿司=箱寿司的观念吧。

注:大坂は、明治以降からは大阪と表記するようになった。

3条评论

不灭de希望
  • 关注
    1
  • 粉丝
    9
  • 主题
    77